曲詳細

NHK土曜ドラマ『氷壁』(2006年1月14日~2006年2月25日)主題歌

Libera - Far Away(彼方の光)(VOCAL/CHORUS)

澄み切った天使のような歌声は結婚式にピッタリ。

本曲はNHK土曜ドラマ「氷壁」の主題歌として使用され、リベラが日本において大きく飛躍す­るきっかけとなった彼らの人気曲。
ドキュメンタリーのBGMやCMでもよく利用されているので、この曲を­耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

言葉が伝わらなくとも、彼らの歌声を聴いているだけで、自然と心打たれ涙してしまう。
静かなハーモニーが徐々に大きくドラマティックに展開する様は、結婚式の盛り上がりと相まって、会場全体の心を大きく高ぶらせます。

ポイントでの使用はもちろん、人前式のバックミュージックとしての使用もオススメです♪

曲のデータ

アーティスト名
Libera
曲名
Far Away(彼方の光)
アーティストリスト
BGMジャンル
洋楽 - VOCAL/CHORUS
オススメシーン
迎賓 , テーブルラウンド , 送賓(新郎新婦退場) ,
#タグ

, , , , ,

スキ!
スキ! 68 人がスキ!
Loading ... Loading ...
視聴回数
94637 回
購入する
歌詞をチェック

Wherever I go
Far away and anywhere
Time after time you always shine
Through dark of night calling after me

And wherever I climb
Far away and anywhere
You raise me high beyond the sky
Through stormy night lifting me above

Venite Spiritu et emitte caelitus
Venite Spiritu et emitte caelitus
Venite Spiritu Venite Spiritus
Far away beyond the sky

Whenever I cry
Far away and anywhere
You hear me call when shadows fall
Your light of hope showing me the way

Venite Spiritu et emitte caelitus
Venite Spiritu et emitte caelitus
Venite Spiritu Venite Spiritus
Far away beyond the sky

和訳をチェック
私がどこへ行くとしても
遠くどこまでも行くとしても
どんなときも あなたは輝いている
暗い闇夜を抜け 私に呼びかけてくるように

私がどこかへ昇っても
遠くどこまでも昇るとしても
私を空の向こうへ 高く引き上げてくれる
嵐の夜にも 私を抱き上げてくれるように

精霊よ来たれ 天より御使いを
精霊よ来たれ 天より御使いを
精霊よ来たれ

空を越えて はるか彼方へ

▼和訳の続きはコチラ▼
和訳引用元URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1121804891



感想やオススメの使用シーンなど是非コメントください♪

Libera” への3件のコメント

  1. はな さん より:

    披露宴で、キャンドルサービスならぬ
    フラワーサービス(化学反応で光る花びら)で周る時に使用した曲。

    薄暗い中で、静かに天使のような声が響きわたり
    とても幻想的な空間でした^ ^

  2. みみ さん より:

    大切な曲です。胸が締め付けられます。
    プロポーズされた教会で流れていた曲です。

    • ウェディングソング.com さん より:

      みみさん。コメントありがとうございます!
      この曲をバックに教会でプロポーズですか…。素敵すぎますね!そんなロマンチックなプロポーズされちゃうと一生の思い出になりますよね♪

このBGMにコメントする

お名前とコメントは必須です。


  • BGMジャンルとシーンから絞り込んで探す
  • オススメのBGMを投稿する
キーワードは正確に入力してください。
正しい検索結果を得られない場合があります。
  • オススメのシーン別から探す
  • 邦楽アーティスト一覧
  • 洋楽アーティスト一覧

シーン

結婚披露宴BGM人気ランキング

総合ランキングを見る

邦楽

洋楽

タグ

結婚式BGM・曲ガイド [ウェディングソング.com] Twitter

閲覧履歴

このページの先頭へ