曲詳細

日本のコメディ映画『キツツキと雨』(2012年2月11日公開)主題歌

星野 源 - フィルム(ポップ)

2012年に発売された、星野源の2枚目のシングル。

ありふれた日常のドラマをそのまま音楽にしたような、素朴で温かく、ちょっぴり切なくも何より感動的なポップナンバー。
たんたんとしながら、等身大のボーカルとブラスセクション、心の隙間を埋めるようなピアノのメロディーがたまりません!

”どんなことも 胸が裂けるほど苦しい
夜が来ても すべて憶えているだろ
声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい
そんな日々が これから起こるはずだろ”

ありふれた事でも、素直に喜んだり悲しんだりできる。
華々しくも、過ぎれば日常が続いていく二人の道も、きっとそんなものかも知れません。

ありきたりでも、二人で泣いたり笑ったりできるように。
そんな道を思わせる、結婚式のラストシーンにピッタリの一曲です。

曲のデータ

アーティスト名
星野 源
曲名
フィルム
アーティストリスト
BGMジャンル
邦楽 - ポップ
オススメシーン
送賓(新郎新婦退場) , 歓談 , 演出(余興) ,
#タグ

, , , ,

スキ!
スキ! 5 人がスキ!
Loading ... Loading ...
視聴回数
14000 回
購入する
歌詞をチェック

笑顔のようで 色々あるなこの世は
綺麗な景色 どこまでほんとか
フィルムのような 瞳の奥で僕らは
なくしたものを どこまで観ようか

電気じゃ 闇はうつせないよ
焼き付けるには そう
嘘も連れて 目の前においでよ

どんなことも 胸が裂けるほど苦しい
夜が来ても すべて憶えているだろ
声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい
そんな日々が これから起こるはずだろ

わけのわからぬ ことばかりだな心は
画面の事件 どこまでほんとか

どうせなら 嘘の話をしよう
苦い結末でも 笑いながら
そう 作るものだろ

どんなことも 消えない小さな痛みも
雲の上で 笑って観られるように

どうせなら 作れ作れ
目の前の景色を
そうだろ

どんなことも 胸が裂けるほど苦しい
夜が来ても すべて憶えているだろ
声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい
そんな日々が これから起こるはずだろ
すべて憶えているだろ これから起こるはずだろ



感想やオススメの使用シーンなど是非コメントください♪

このBGMにコメントする

お名前とコメントは必須です。


  • BGMジャンルとシーンから絞り込んで探す
  • オススメのBGMを投稿する
キーワードは正確に入力してください。
正しい検索結果を得られない場合があります。
  • オススメのシーン別から探す
  • 邦楽アーティスト一覧
  • 洋楽アーティスト一覧

シーン

結婚披露宴BGM人気ランキング

総合ランキングを見る

邦楽

洋楽

タグ

結婚式BGM・曲ガイド [ウェディングソング.com] Twitter

閲覧履歴

このページの先頭へ