曲詳細

資生堂「TISS」CMソング(1998年)。映画『ウォーターボーイズ』(2001年9月15日公開)でも使用された

PUFFY - 愛のしるし(ポップ)

印象的なティンパニーのリズムが弾けるポップな1曲。アラサー以上の方々はイントロだけで懐かしい気持ちになるはず。

90年代に一世を風靡しその後世界的に活動の幅を広げていったPUFFYが1998年に発表した曲で、作詞作曲はスピッツの草野マサムネ。

彼女達のそれまでのシングル曲はプロデューサーの奥田民生が作曲を手がけており、初めて外部のソングライターを招いた曲になりましたが、ファニーな魅力は変わらずに彼女達らしい曲に仕上がりました。ビートルズを思い起こさせるようなブリティッシュ・ビート風味も良い隠し味になっています。

シンプルで可愛らしい振り付けは余興の出し物に最適ではないでしょうか。明るく式を盛り上げてくれること間違いなしです。

歌詞をチェック

ヤワなハートがしびれる ここちよい針のシゲキ
理由もないのに輝く それだけが愛のしるし

いつか あなたには
すべて 打ち明けよう

少し強くなるために
壊れたボートで 一人 漕いで行く

夢の中でもわかる めくるめく夜の不思議

ただの思い出と
風が囁いても

嬉し泣きの宝物
何でもありそうな国で ただひとつ

ヤワなハートがしびれる ここちよい針のシゲキ
理由もないのに輝く それだけが愛のしるし
それだけで愛のしるし



感想やオススメの使用シーンなど是非コメントください♪

このBGMにコメントする

お名前とコメントは必須です。


  • BGMジャンルとシーンから絞り込んで探す
  • オススメのBGMを投稿する
キーワードは正確に入力してください。
正しい検索結果を得られない場合があります。
  • オススメのシーン別から探す
  • 邦楽アーティスト一覧
  • 洋楽アーティスト一覧

シーン

結婚披露宴BGM人気ランキング

総合ランキングを見る

邦楽

洋楽

タグ

結婚式BGM・曲ガイド [ウェディングソング.com] Twitter

閲覧履歴

このページの先頭へ