曲詳細

ディズニー映画「魔法にかけられて」(日本では2008年3月14日公開)劇中歌

Jon McLaughlin - So Close(そばにいて)(POP)

感動する場面に使いたい曲調。

NYとおとぎの国を舞台にした、ディズニーのファンタジー・ムービー「魔法にかけられて」
その劇中歌として重要な場面で流れるのが、ジョン・マクラフリンによる、しっとりとしたラブソング『So Close(邦題:そばにいて)』

ディズニーらしいロマンチックで壮大なバラードは、切なさを感じさせる名曲♪
一瞬一瞬を大切にしたい。そう感じさせてくれる素敵な楽曲です。

披露宴では注目の集まるシーンで、感動させたい!というとっておきの場面で流してみてはどうでしょう。

曲のデータ

アーティスト名
Jon McLaughlin
曲名
So Close(そばにいて)
アーティストリスト
BGMジャンル
洋楽 - POP
オススメシーン
お色直し(再入場) , メインキャンドル点火 , ナイトウェディング ,
#タグ

, , , , ,

スキ!
スキ! 46 人がスキ!
Loading ... Loading ...
視聴回数
90231 回


感想やオススメの使用シーンなど是非コメントください♪

Jon McLaughlin” への2件のコメント

  1. 理香 さん より:

    昨年にマイケル・ボルトンでコメントさせて頂いた理香です。この「So Close」も私達夫婦にとってはとても思い出深い素敵な曲なのでコメントさせて頂きます。

    私は子どもの頃からディズニーが大好きでいつか王子様が迎えに来てほしいと心から思っていました。大人になってもそれは変わらずこの「魔法にかけられて」も今までの作品とは一味違った現代的なラブストーリーだったので映画も観に行ってDVDも買うほどでこの「So Close」も何回も聴いていて本当に大好きでした。

    夫とは結婚前は学生時代から長年交際していましたが一回別れています。理由は私が幼く自分の事しか考えられなかった事と長年交際していても理解できなかった文化や価値観の違いでお互いに感情的になり激しく衝突してしまい一旦別れました。

    そこから私は失恋のショックで自暴自棄になり一日中泣いていました。そしてもう私はこんな風に幸せになれないんだ・・・とこの曲を聴いては泣いていて大好きな曲がいつの間にか苦手な曲になっていました。

    しかし数か月後に夫からもう一度やり直したいと連絡があり復縁しました。その後に私が夢見ていた理想の「跪いて指輪を指に、そしてバラの花束を渡され」そして「結婚してほしい。」というサプライズプロポーズでした。本当に感動して嬉しくて泣きじゃくりました。

    その後一年後にドイツでの式での宴の際にワルツを踊る時に私には内緒でこの「So Close」を流して踊りました。

    踊っている最中に映画でのシーンのロバートと同じ部分で夫が私の耳元で「And now you`re beside me and look how far we`ve come So far we are so close…」と囁いてくれて私はあの瞬間に自分が主人公のジゼルになったように本当に幸せでした。

    夫とラブラブでこの曲を聴くと本当に幸せな気持ちになります。今度友人が挙式をするのでこの曲をおススメしています。

    本当に長文失礼しました。これからも沢山の素敵な曲を結婚する皆さんに届けてくださいね。

    応援しています!そしてまたお邪魔します。

    • ウェディングソング.com さん より:

      理香さん。
      「Michael Bolton – Go The Distance」に続いて素敵なコメントありがとうございます!
      しっかりと読ませていただきました!こうやって一曲一曲に、思い出やドラマがあると思うと音楽って本当に素敵ですよね。
      紆余曲折、山あり谷ありで、大好きな曲から苦手な曲に・・・。そしてまた、一番の幸せな瞬間に流れて、幸せな曲になったのですね・・。

      こちらこそ素敵なお話ありがとうございます!

このBGMにコメントする

お名前とコメントは必須です。


  • BGMジャンルとシーンから絞り込んで探す
  • オススメのBGMを投稿する
キーワードは正確に入力してください。
正しい検索結果を得られない場合があります。
  • オススメのシーン別から探す
  • 邦楽アーティスト一覧
  • 洋楽アーティスト一覧

シーン

結婚披露宴BGM人気ランキング

総合ランキングを見る

邦楽

洋楽

タグ

結婚式BGM・曲ガイド [ウェディングソング.com] Twitter

閲覧履歴

このページの先頭へ