ケツメイシ - 花鳥風月

ケツメイシ - 花鳥風月(ポップ)

ケツメイシがブレイクを果たした「トモダチ」に続いて2001年にリリースした5枚目のシングル。

賑やかなパーティー・ソングでも人気のある彼らですが、しっとりと聴かせるバラードも大得意。この曲も彼らのバラードの代表曲です。

オリエンタルなメロディーが壮大な風景を思い起こさせ、大いなる自然に想いを馳せてしまうこの曲。メロウなピアノとストリングスの荘厳な響きも曲を味わい深いものにしています。

ウェディング・ソングとして人気のあるインスト楽曲はニュー・エイジ系の曲が多いですが、この曲もそれらに通じる厳かさを持っています。
そういった点で、シングル収録のインスト・ヴァージョンもお勧めです。

『花鳥風月』の情報

アーティスト名
ケツメイシ
曲名
花鳥風月
アーティストリスト
BGMジャンル
邦楽 - ポップ
オススメシーン
お色直し(再入場) , 新郎新婦入場 , 送賓(新郎新婦退場) ,
#タグ

, , , , ,

スキ!
スキ! 4 人がスキ!
Loading ... Loading ...
視聴回数
18339 回
購入する
歌詞をチェック

何もない頃に生まれ だからこそ今に残る
何もない頃に生まれ だからこそ意味がある

木々の揺れ 川 風 葉 ざわめき
闇照らす月とそれ 重ねに
満ち欠けここに 見出されし こよみ
月への畏敬 それ今はどこに
柔らかく射す 光ここに浴びたれ
変わらなく持つ 光どこに投げかける
満天の空よりも 月ひとつあれば
皆が見る同じ夜空 何も変わらなけりゃ
自然は 依然と 毅然としてるが
人間はどうだろうか? 自ら首絞める
叢雲 花に風 虫のしらせ
知らねぇと 今宵 月また輝く
月明かりが 頼りのヤモリがよし
満ち欠けに 引かれ見上げるが良い
月は語らないし 笑わないし 何も変わらない
俺に唱えてくれ これに答えておくれ

花よ 鳥よ 風よ 月よ
永久に空に消えるまで 月の光を

西の空 赤く染まる 山々は静けさが増す
東の夜空から 星たち舞う 大きな月は辺り照らす
どこからか 吹きぬけた ゆるい風に咲く花揺れた
流れ流れる雲 どこへ 何故傘かける?あの月の元へ
欠けては満ちゆく 浮き沈む月はとどまる ことなく
流れゆく時の中 今も高く変わらず輝く
今宵もろい 世を忍び思い
静かな水面 月残し
ゆるりと沈みゆく 月よどこへ
急いては 生き急ぐ人よどこへ

花よ 鳥よ 風よ 月よ
永久に空に消えるまで 月の光を

日が沈み 大地赤く染まり 空を舞う鳥も森の中に
眠りの支度 羽根を磨く そっと休ませ 無に目を閉じる
空を舞う日々 風揺らぐ木々の中で 清く 淡く 強く生き
好きでもなく、ただ 空を舞い 欲などなく また空を舞い
子を産み育て 木々の木陰に 巣を作り運ぶ虫をエサに
月が見守るこの大地の中で ひたむきに生きる毎日の中で
流れる時はゆるく 行き方は変わらずに古く
ありのままの この大地で また風のままの毎日へ

花よ 鳥よ 風よ 月よ
永久に空に消えるまで 月の光を

花よ 咲き誇り土へと戻り
鳥よ 羽ばたく命ははかなく
風よ 吹き抜けるどこまでもゆける
月よ 月照らす心奥(深く)根差す
花よ 咲き誇り土へと戻り
鳥よ 羽ばたく命ははかなく
風よ 吹き抜けるどこまでもゆける
月よ 月照らす心奥深く根差す

永久に 空に消えるまで 月の光を…

何もない頃に生まれ だからこそ今に残る
何もない頃に生まれ だからこそ意味がある
何もない頃に生まれ だからこそ意味がある





感想やオススメの使用シーンなど是非コメントください♪

このBGMにコメントする

お名前とコメントは必須です。


  • BGMジャンルとシーンから絞り込んで探す
  • オススメのBGMを投稿する
キーワードは正確に入力してください。
正しい検索結果を得られない場合があります。
  • オススメのシーン別から探す
  • 邦楽アーティスト一覧
  • 洋楽アーティスト一覧

シーン

結婚披露宴BGM人気ランキング

総合ランキングを見る

邦楽

洋楽

タグ

結婚式BGM・曲ガイド [ウェディングソング.com] Twitter

閲覧履歴

このページの先頭へ