Coldplay - Fix You

フジテレビ系リアリティ番組「テラスハウス」(2012年10月12日~2014年9月29日)挿入歌

Coldplay - Fix You(ROCK)

by くると

しっとりと歌われるボーカルが感動的な場面に華を添える。

中盤からの盛り上がりと、ラストの語りかけるようなヴォーカル、ピアノの音色とその余韻。

感動的な式のエンディングにぴったりだと思います!
柔らかく優しいロックは万人受けすること間違いなしです。

『Fix You』の情報

アーティスト名
Coldplay
曲名
Fix You
アーティストリスト
BGMジャンル
洋楽 - ROCK
オススメシーン
演出(余興) , 花束・ギフト贈呈 ,
#タグ

, , ,

スキ!
スキ! 2 人がスキ!
Loading ... Loading ...
視聴回数
8871 回
購入する
歌詞をチェック

When you try your best, but you don't succeed
When you get what you want, but not what you need
When you feel so tired, but you can't sleep
Stuck in reverse

And the tears come streaming down your face
When you lose something you can't replace
When you love someone, but it goes to waste
Could it be worse?

Lights will guide you home
And ignite your bones
And I will try to fix you

And high up above or down below
When you're too in love to let it go
But if you never try you'll never know
Just what you're worth

Lights will guide you home
And ignite your bones
And I will try to fix you

Tears stream down your face
When you lose something you cannot replace
Tears stream down your face
And I...

Tears stream down your face
I promise you I will learn from my mistakes
Tears stream down your face
And I...

Lights will guide you home
And ignite your bones
And I will try to fix you

和訳をチェック

ベストをつくすけど 君はうまく行かない
欲しい物を手に入れるけど 君に必要なものじゃない
とても疲れを感じるけど 君は眠ることが出来ない
裏目に出てる

そして涙が流れ落ちる 君の頬へ
君はかけがえのない物を失ったんだね
人を愛すけど それが無駄になってるね
これ以上悪い事ありえる?

光が導くんだ 君を家へと
そして暖めるんだ 体の芯を
そして僕が 癒してあげる

舞い上がったり 落ち込んだり
愛し過ぎて愛を手放せなくなってるよ
でもトライしなければ 決して分からないよ
自分にどんな価値があるかすら

光が導くんだ 君を家へと
そして暖めるんだ 体の芯を
そして僕が 癒してあげる

(instrumental)

涙が流れる 君の頬へ
君はかけがえのない物を失ったんだね
涙が流れる 君の頬へ そして僕は...
涙が流れる 君の頬へ
君に約束する 僕は失敗から学ぶって
涙が流れる 君の頬へ そして僕は...

光が導くんだ 君を家へと
そして暖めるんだ 体の芯を
そして僕が 癒してあげる





感想やオススメの使用シーンなど是非コメントください♪

このBGMにコメントする

お名前とコメントは必須です。


  • BGMジャンルとシーンから絞り込んで探す
  • オススメのBGMを投稿する
キーワードは正確に入力してください。
正しい検索結果を得られない場合があります。
  • オススメのシーン別から探す
  • 邦楽アーティスト一覧
  • 洋楽アーティスト一覧

シーン

結婚披露宴BGM人気ランキング

総合ランキングを見る

邦楽

洋楽

タグ

結婚式BGM・曲ガイド [ウェディングソング.com] Twitter

閲覧履歴

このページの先頭へ